ブログ名

Python

第3回 FaceNetで個人を識別する

用意するもの 画像を比較してみる 次回以降の予定 今回はgithub にある FaceNet のサンプルを使って実際に人間の顔を識別してみます. 用意するもの FaceNet サンプル 顔が写っている複数人の画像(任意の枚数, 1 人あたり最低 2 枚が望ましい) データセット(…

AIで室内の人を認識しカウントする研究開発③

概要 前回との変更点 FasterR-CNNの導入から学習まで テスト実行 学習データを白黒に変更して実行 次回 概要 前回の続きで、白黒画像からの物体検出精度を上げる研究を行っていきます。 今回は前回提案した解決案のうち、"グレースケール画像で学習を行った…

head-pose-estimationを用いて顔の向きを推定する

概要 ソース 顔方向検出の仕組み 1.dlibを用いて顔を検出する 2.cv2.solvePnP()を用いて顔の方向を推定する まとめ 概要 パソコンのカメラから人の顔を検出し、覗き見防止をするプログラムを作成していきます。 最初の目標はカメラに映った人の顔の向きを判…

第2回 物体検知を利用したレジでの商品の検出

どのように物体検知を行うか(方針) FaceNetについて 最後に 今回の記事からは, AIの画像認識を利用したレジでの商品の検出についての内容になります. どのように物体検知を行うか(方針) FaceNetという手法を参考にします. その名の通り顔の検出に使うことを…

AIで室内の人を認識しカウントする研究開発②

概要 検証結果 カラー画像と白黒画像の精度比較 課題解決案 次回 概要 今回は前回導入した学習済みYOLOv3を使って、実際に撮影した画像に対して検出を行ってみたいと思います。 検証結果 100枚の画像を使用しましたが、 とても良い精度とは言えない結果とな…

AIで室内の人を認識しカウントする研究開発①

はじめに 概要 Pythonのダウンロードとインストール YOLOv3の導入 実行してみる 次回 はじめに 今回から、室内の人数をカウントするシステムの研究内容について、記録をまとめていきたいと思います。 概要 言語はPython3.6を使用します(3.7ではtensorflowが…